欧米でも人気!アメリカ産飲む日焼け止めの安全性や副作用

元々、海外発祥の飲む日焼け止めサプリメント。

国内製品の販売や日本人の使用が一般的になったのは2016年から・・・と、まだその歴史は浅いのですが、その認知度と需要はどんどん増していっています。

特にアメリカ産の飲む日焼け止めサプリは世界的にも人気で、紫外線の影響を強く受けてしまう白人に高い効果を発揮することから、紫外線をシャットして美白を目指す日本人にも、愛用者がたくさんいるんです。

ですが日本の飲む日焼け止めビギナーの方にとっては、何も知識がない状態でいきなり外国であるアメリカ産の製品に手を出すのは、不安ですよね?

そこで今回は、アメリカ産の飲む日焼け止めサプリにスポットを当てて、その成分や副作用、また具体的にどのような製品があるのかについても、お話していきたいと思います。

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

アメリカでの日焼け止めサプリの人気は?

2015年に国際美容外科学会で実施されたアンケート調査で、美容施術数が世界NO.1に輝いた美容大国アメリカ。

美に対しての意識の高さは日本人を大きく上回り、なんと20年も前から「サンスクリーン ピル」として飲む日焼け止めサプリが販売されていました。

今では種類がかなり豊富で、成分についても日々の研究と改良を重ねており、日焼け止め成分だけでなく、美容に効果の高い成分も一緒に配合されていることが多いです。

しかも子供でも飲める製品が数多くあるので、アメリカでは子供から大人まで家族みんなの毎日の紫外線ケアとして・・・。

そして美しさを保ちたい女性の美容サプリとして、飲む日焼け止めは大変メジャーであり、定番アイテムになっているのです。

日本製よりもアメリカ製の方が効果があるの?

それだけの歴史があるアメリカ製品に比べると、まだまだ日の浅い国産の飲む日焼け止めサプリですが、日焼け止め効果に差などはあるのでしょうか?

・・・まず先に結論を言っておくと、「日焼け止め効果」だけで見た場合、アメリカ産製品は日本人にとって効果が強いと言えます。

効果が「高い」ではなく「強い」と敢えて表現してみました。

それはアメリカと日本にはこんな違いがあるからです。

1. 体格の違い

1. 体格の違い

20歳以上の日本人女性の平均身長は約158㎝、平均体重約53kg。

対して、アメリカ人女性の平均身長は163㎝、平均体重74kgです。

それに体格だけでなく、腸の長さがアメリカ人は日本人よりもとても長いと言われています。 

そもそも体のつくりがこれだけ違うので、1日分のサプリメントに含む成分の必要量が違ってくることは想像できますよね。

日本人の体格でしたら、もう少し配合量が少なくても効果が表れると思います。

2. 体質の違い

2. 体質の違い

黒人の方はあまり日焼け対策をしないので、アメリカ製品は、主に白人の肌を守るために作られています。

日本人も日焼けをしますが、白人とは肌質が全然違います。元々の色素の違い、作られるメラニン量、そして食生活も違うので肌質が異なるのは当然です。

そして日本人の黄色肌よりも、白色肌の方が紫外線の影響を肌や目に受けやすく、しみ・そばかすなどの見た目の問題以上に、皮膚がんや白内障のリスクが非常に高いのです。

ですから、アメリカ産の製品には白人の肌にしっかり対応できるように成分を調整・配合しています。

これも先ほどと同様で、日本人の肌には十分すぎる量かもしれません。

3. 気候

3. 気候

アメリカと日本は、実は緯度がほとんど同じにも関わらず、紫外線量は圧倒的にアメリカの方が強く感じられます。

何故なら、そもそもアメリカの西海岸やテキサス州などは雨が少なく晴天が多い、そして空気も乾燥しているので紫外線による肌ダメージが大きいことが挙げられるでしょう。

それに比べて、日本は狭い範囲に高い建物が沢山建っていて日影ができやすいこと、湿気や空気中の粉塵が多く、日差しが直接届きにくいことなどが理由として考えられています。

ですから、よく海外に行かれる方は耳にしたことがあるかもしれませんが、日本の塗る日焼け止めを欧米で使用しても、ほとんど効果がないとまで言われているんです。

それほど日焼け止め効果の強さの違いがあるんですね。

このような大きな気候の違いから見てみると、アメリカ産製品の方が飲む日焼け止めサプリに関しても、効果は強いと言えるでしょう。

アメリカ産の日焼け止めサプリの安全性や副作用は?

日本人には効果が強いからと言って、じゃあアメリカ産の飲む日焼け止めサプリは危険なのかと言うと、決してそうではありません。

ここからは、アメリカ産の飲む日焼け止めサプリの主な主成分である、フェーンブロック(PLエキス)について細かく見ていきましょう。

主成分「フェーンブロック」とは

主成分「フェーンブロック」とは

中央アメリカに生息する「ポリポディウムリュウコトモス」というシダ植物から抽出した、特許取得済みの成分です。

世界中の皮膚科学会から、

  • 免疫防御
  • 抗酸化
  • DNA保護
  • 皮膚構造維持

などの作用があることが臨床結果から証明されており、これらの作用が紫外線による日焼けやシミ・しわ、さらには皮膚がんの予防まで、あらゆる良い効果をもたらしてくれます。

また、フェーンブロック(PLエキス)は、飲用してから日焼け止め効果を発揮するまでの時間が30分程度と短いのがメリットですが、その代わり効果が4時間程度しか続かないと言われているので、長時間外にいる場合は続けて飲用しないとならないのが特徴です。

フェーンブロック(PLエキス)の安全性や副作用

フェーンブロックには副作用の報告はありません

妊娠・授乳中の方、また誤嚥の危険があり、内臓機能が未発達の3歳以下のお子さんは使用を控える必要がありますが、基本的には4歳以上のお子さんから飲用することができるほど、安全なサプリメントと言えます。

ただし、シダ植物は元々アレルギー性の高い植物であるということから、人によっては発疹や花粉症、また喘息のようなアレルギー症状を引き起こすことがあります。

特にアレルギー体質だと言う方はその発症率が高まりますので、注意が必要です。

国産の飲む日焼け止めサプリの主成分は違う?!

国産の飲む日焼け止めにもフェーンブロック(PLエキスと)同じ成分を配合したものはありますが、一番多いのは「ニュートロックスサン」と言われる、シトラス果実とローズマリー葉エキスを使用した主成分です。

ニュートロックスサン

体内の活性酵素をコントロールすることで、紫外線による皮膚の炎症や肌ダメージを抑制してくれる効果があります。

ニュートロックスサンは、約3か月間毎日継続して飲用することで、浴びた紫外線の影響を約60%もブロックすることができるのが特徴です。

その細胞の保護力はフェーンブロック(PLエキス)のなんと2倍以上と言われており、飲み続ければこちらも非常に高い紫外線カット効果を発揮します。

効果の表れ方の違いはまだあり、ニュートロックスサンは日焼けする25時間前から飲まないと効果が表れないこと、しかし1度飲むと効果が24時間持続すること、そしてうっかり飲み忘れて後から慌てて飲み直しても、染色体の損傷を55%も抑えることができるなど、フェーンブロック(PLエキス)とは日焼け止め効果の表れ方に大きな違いがあります。

このニュートロックスサンにも副作用がなく、またこちらはアレルギーの心配もほとんどないので、妊娠・授乳中の方以外の4歳以上の子供から、誰でも安心して飲用することができます。

→飲む日焼け止めの成分を比較してみよう!原料、特徴、持続時間など

【アメリカ産】人気の飲む日焼け止めサプリ

【アメリカ産】人気の飲む日焼け止めサプリ

では、ここでフェーンブロック(PLエキス)を使用した、アメリカ産の人気の飲む日焼け止めを2つご紹介します。

ヘリオケア アンチオキシダント

ヘリオケア アンチオキシダント

世界的に有名なヘリオケアから、アメリカ人向けにアメリカで生産されている製品。

スペイン産のヘリオケアウルトラシリーズが、1錠あたり480mgのフェーンブロックを配合しているのに対し、こちらは1錠あたり240mgと半分の量が配合されています。

通常は1日2錠~紫外線の強さによっては3錠まで飲むよう指示されていますが、日本人が飲用する場合、普段は1錠、特に日差しを気にする日は2錠飲むなどと自分に合った量が調節できそうです。

ただし、美容成分などその他の有効成分が入っていないこと、またステアリン酸マグネシウムや二酸化チタンなどの添加物が含まれていることは覚えておきましょう。

ヘリオケア(HelioCare)

サンセーフRX

サンセーフRX

サンセーフRXの魅力は、価格の安さとコスパの良さ。

ヘリオケアシリーズよりも価格が低いのに、主成分の他にもブドウ種子エキス、リコピンなど抗酸化作用や美肌効果の高い天然成分が13種類と豊富に含まれており、長い期間継続して飲用したい方に好まれています。

ただし、フェーンブロックの配合量が不明であること、日焼け対策をしたい60分前からの飲用が必要なので飲むタイミングが難しいこと。

そして、ただえさえアメリカ産のサプリあるあるのカプセルの大きさが、ヘリオケアシリーズよりも大きく、日本人には飲みづらいことなどのデメリットもあります。

サンセーフRX(SunSafeRx)

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アメリカ産の製品も十分に安全性が確認されており、日本人が飲用しても、大きな害があるわけではありません

しかし、先述したようにアメリカ産の飲む日焼け止めサプリは、アメリカ人の体格・体質・気候を考えて製造されているため、日本人が日本で使用するには成分が強すぎてしまい、長い期間継続して使い続けると体に負担がかかってしまう恐れがあります。

その点、国産の製品は日本人の体格・体質・気候に合わせて成分を調整して作られているので安心ですね。

それに、国産の製品でしたら、その製造過程や衛生面は調べればはっきりと分かりますが、アメリカ産の製品だと見えてこない部分も多く、また製造元・販売元に信頼がおけるかどうか、正規品かどうかなどの心配もあり、安全面でも大きく違います。

また、国産の製品は無添加なものがほとんどだということ、また、飲用して体に合わなければ返品・返金保証などのサポート面も充実していることからも、私は日本人には国産の飲む日焼け止めサプリの飲用をオススメします。

飲むなら日本製!国産の飲む日焼け止めをオススメする3つの理由

安心・安全はやはり譲れない部分です。

だって飲む日焼け止めサプリは、口から体内に入るもの!

慎重に選びたいですよね。