医薬品の飲む日焼け止めについて

春になり、暖かい気候が心地よいですが、気になるのは紫外線です。

以前は肌に塗るタイプの日焼け止めが主流でしたが、それでは頭皮や目などを紫外線から守ることができないので、最近では口から摂取するタイプの飲む日焼け止めが注目を浴びています。

ですが、

「サプリメントの中には有効成分がほとんど含まれていなくて、効果が感じられないものも出回っているのに、見極めが難しくてイマイチ信用できない!」

ちゃんと成分がはっきりしていて効果の望める、医薬品としての飲む日焼け止めはないの?

このように考えている人もいると思います。

確かに、口に入れるものですから「医薬品」と銘打っていた方が信用度は高いような気がしますよね。

そこで今回は、気になる医薬品としての飲む日焼け止めはあるのか?

について、リサーチしてみました!

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

医薬品の飲む日焼け止めはあるのか?医薬品とサプリメントの違いは?

まずは、薬機法(旧薬事法)上の医薬品とサプリメントの違いについて知り、飲む日焼け止めの本来の目的と照らし合わせてみましょう。

医薬品

医薬品

医薬品とは病気の予防・治療を目的とし、即効性があります。

そして以下に挙げる項目について、その品質や有効性プラス安全性が確認され、厚生労働大臣などから承認されたものを指します。

  • 成分内容
  • 効果・効能
  • 副作用
  • 用法
  • 容量・分量

それ以外にも、原料の製造過程や保管方法、そして販売ルートに至るまでの規格を設け、その基準を満たしていなければなりません。

ただし医薬品の成分のほとんどが化学物質からできている他、症状の出ている箇所に即効する根拠を記載し、説明しなくてはなりません。

ですが、それと同時にどの症状・病気に効果があるのかを、はっきりと記載することができます

また服用期間は、慢性的な病気に対して服用する薬を除き、その病気や症状が治癒するまでと決まっています。

サプリメント

サプリメント

一方サプリメントは、別名「栄養補助食品」や「栄養強化食品」とも呼ばれており、薬ではなく食品に分類されます。

食事では摂りきれず不足した栄養素を補うことで、自己免疫力や治癒力を高め、病気や外傷の予防をして健康維持を目指せる食品です。

ですから特定の症状に対しての即効性はありません。

サプリメントはトクホと呼ばれる特定保健用食品を除き、有効成分量が国の定めた1日当たりの摂取目安量の基準値内であれば、審査や許可を得る必要はなくメーカー側の判断で自由に製造することができます。

また医薬品とは違って、主に自然由来の成分から作られています

そして届け出を出して承認されない限り、配合成分が体のどこに効くのか、何故効くのかなどの根拠や説明などを示すことはできません。

(ミネラル・ビタミン類に関してのみ届け出がなくても具体的な効能の記載ができです)

ですが服用期間に特に決まりはないので、消費者が必要だと思う成分を自分で選び、好きな期間飲み続けることができます

また、自己判断で複数のサプリメントを組み合わせて摂取することも可能です。

飲む日焼け止めの目的は日焼けや病気の予防

飲む日焼け止めの目的は?

では、飲む日焼け止めの目的はそもそも何でしょう?

日焼けは、そのものが傷病名ではありません。

ですが日焼けをしすぎることで、やけど、その他の皮膚病、皮膚ガン、白内障など様々な病気を引き起こしてしまう恐れがあります。

つまり飲む日焼け止めを服用する目的は、日焼けによる身体への紫外線ダメージを軽減、または日焼けによる病気を予防するためだと言えますね。

すると、飲む日焼け止めは医薬品としてではなく、サプリメントとしての性質に該当することがお分かりいただけるかと思います。

ですから、飲む日焼け止めに医薬品のものはないのが現状です。

医薬品ではないが病院で処方されている飲む日焼け止めサプリはある

医薬品ではないが病院で処方されている飲む日焼け止めサプリはある

上記で説明した通り、飲む日焼け止めに医薬品として扱っている製品はありませんが、皮膚科医が推奨し、実際にクリニックで処方されている飲む日焼け止めサプリがあります。

確かにメーカー側で成分を自由に組み合わせて製造することが可能なサプリメントの中には、劣悪な製品も存在しています。

飲む日焼け止めサプリも現在、数多くの製品が世の中に出回っていますが、その効果はピンキリであることは否めません。

ですが、医師がその成分と効果を認め、実際に病院で処方されている製品となればその信頼・信用度はとても高くなりますね。

その代表的な製品が「ヘリオケアウルトラDカプセル」です

ヘリオケアは、なぜ皮膚科医に推奨されているのか?

ヘリオケアウルトラD

ヘリオケアは、皮膚科専門の医薬品を開発しているスペインの会社と大学の博士からなるグループにより開発され、2002年から発売が開始されている歴史ある製品です。

その主成分はフェーンブロックと言われる、中央アメリカに生息しているシダ植物から抽出された、100%植物由来の成分

服用してから30分ほどで効果が出始め、4~6時間持続します。

その即効性は、他の成分からなる飲む日焼け止めサプリに見ることはできません

さらに下記で詳しくお話しますが、ヘリオケアの持つ有効性は様々な臨床実験を経て、世界中の皮膚科学会で発表され認められており、それを証明するかのように、現在なんと世界80か国で販売されています。

ヘリオケアの具体的な効果や副作用は?

ヘリオケアの具体的な効果や副作用は?

効果

ヘリオケアの主成分であるフェーンブロックを摂取すると、この4つの作用が大きくはたらくことが分かっています。

抗酸化作用

紫外線を浴びることで体内に発生した活性酵素を、フェーンブロックの高い抗酸化作用により鎮めることができます。

活性酵素は肌細胞を錆びさせ、体内が酸化するだけでなく、メラニンの生成も促します。

ですから、日焼けによって皮膚が黒くなるのを防ぐ他、シミやそばかす、しわに対してもとても有効です。

免疫防御作用

炎天下の下、日焼けをすると疲労しやすいように感じませんか?

これは、肌の免疫機能を保つランゲルハンス細胞が、紫外線によって破壊されると、免疫機能の低下に伴って体内に多量の疲労物質が分泌されてしまうためです。

また、ランゲルハンス細胞が減少すると、日焼けによる肌の赤みや炎症なども招きます。

フェーンブロックにはこのランゲルハンス細胞を活性化させる効果があり、紫外線を受けても免疫機能が正常に機能するようはたらいてくれます

DNA保護作用

紫外線は肌細胞内のDNAを傷つけます。

本来傷ついたDNAは、自己治癒力によって元通りにする力を持っていますが、稀に突然変異を起こすとがん化してしまう恐れがあるのです。

フェーンブロックには、このDNAを保護する作用、そして肌細胞のDNAの回復力を高めてくれる効果があり、結果的に皮膚がんの予防が期待できると言います。

皮膚構造維持作用

紫外線を浴びることによって、肌内部にある繊維芽細胞という細胞が破壊され、肌のコラーゲンが減少してしまいます。

すると皮膚の表面にシミやシワなどの老化現象が現れますが、これらを「光老化」と呼んでいます。

フェーンブロックを摂取すると、繊維芽細胞へのダメージを防ぎ、コラーゲンを保護する事ができます

ですから、肌の光老化の進行を抑えてくれるのです。

副作用

ヘリオケアを服用したことによる副作用の報告はありません。

しかし、フェーンブロックの主な抽出成分がシダ植物であることは先述しましたが、シダ植物はアレルギー性が高い植物でもあります。

それにより、現在シダアレルギーでなくても、元々アレルギー体質の方はかゆみを伴う発疹、稀に呼吸障害や血圧低下などのアレルギーを発症してしまう恐れがあります。

ヘリオケアは通販でも購入可能

ヘリオケアは通販でも購入可能

ご紹介してきた皮膚科医の推奨するヘリオケアですが、実は皮膚科や美容クリニックなどで購入する場合、保険適用外のため価格が30錠(1か月分)5,000円~7,000円が相場となっています。

長期に渡って服用したい場合、正直、お財布に優しい値段とは言えませんね。

でも実は、皮膚科で取り扱っているのと全く同じヘリオケアが、現在は様々な通販サイトからでも購入できるんです。

しかもその値段は、4,000円台から購入できるので、クリニックの相場よりずっとお得ですよね!

現在他の薬を服用している方や、アレルギー体質の方など、医師の診断が必要な方以外で購入を検討している場合は、通販サイトからの購入がオススメですよ。

最安購入できる通販サイト→ヘリオケアウルトラDカプセル

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

医薬品ではないけれど、皮膚科医がその効果と安全性を認め、クリニックで取り扱っている飲む日焼け止めサプリ。

今現在は目に見えて紫外線による光老化などが見られない方でも、加齢とともに紫外線による影響は確実に大きくなっていきます

皮膚科医が薦めるということは、それだけみなさんに紫外線による身体への負担の深刻さを考えて欲しい気持ちの表れだと思いませんか?

紫外線が強まる今の時期だからこそ、本気の紫外線対策を、飲む日焼け止めサプリで始めてみましょう!