飲むvs塗る!日焼け止めを徹底比較 デメリット・メリット、効果があるのはどっち?

毎日の紫外線ケアは、もはや常識。

そして日焼け止めというと、やはり肌に直接塗るタイプのものが主流ですよね。

でも最近、テレビや雑誌などで取り上げられる機会の増えた「飲む日焼け止め」が気になっている方は多いのではないでしょうか?

サプリメントを飲むだけで紫外線から身を守れるなんて、とってもラクですよね。

でも興味は湧くものの、どういう仕組みで日焼け止めできるのか分からないし、やはり直接肌に塗り込む日焼け止めの方が、守られている安心感があるような気がします。

では本当のところ、一体、紫外線から肌をしっかり守るにはどちらを使用するのが良いのでしょうか?

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め。

今回はそんな2つのタイプの日焼け止めを、効果や紫外線防御のメカニズム、それに気になる価格や使用する手間など、あらゆる面から徹底比較していきますよ!

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

紫外線に対する効果やメカニズムの比較

紫外線に対する効果やメカニズムの比較

ここからは塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを比較した結果を、詳しく紹介していきます。

まずは紫外線に対する効果の比較からです。

塗る日焼け止め

効果

  • 紫外線が肌細胞まで届かないようバリアする
  • 肌を保護し、赤みや日光湿疹などの炎症を防ぐ

日焼けに効くメカニズム

塗る日焼け止めは、肌に塗った部分に当たる紫外線をブロックするものです。

塗る日焼け止めには大きく分けて以下の2種類ある「紫外線防止剤」のうち、どちらか片方または両方が一緒に配合されています。

紫外線吸収剤

皮膚表面で一度吸収した紫外線を、エネルギーに変換して放出し、紫外線が肌細胞を攻撃するのを阻止してくれます。

紫外線散乱剤

肌をコーティングし、紫外線を肌に触れさせることなく皮膚の表面で反射・散乱させるので肌への負担が少なくすみます。

また紫外線には、肌の真皮層にまで届いて肌にシワやたるみをもたらす紫外線A波。

メラニン生成を促し、肌を黒く見せ、シミやそばかすの原因を作るB派があります。

塗る日焼け止めに表示しているSP値FやPA値はこの2つのそれぞれの紫外線にどれだけの効果があるのかを示したものです。

SPF値

主に紫外線B波に効果がどれくらいあるかを示したもので、その値は、紫外線が肌に当たってから日焼けによる炎症を起こしてしまうまでの時間を、何十倍遅らせることができるのかという意味です。

例えば、何もケアをしていない時に、紫外線を浴びて10分後に赤くなってしまう人は、SPF30なら

10分×30倍=300分(5時間)。

紫外線を浴びて20分後に赤くなる人は、20分×30倍=600分(10時間)遅らせることができるという意味なので、同じSPF値でもその効果には個人差があります。

PA値

主に紫外線A波にどれくらい効果があるかを示したものです。

PAの隣にある「+」の数が多ければ多いほど、高い効果が期待できることを意味しているのです。(ちなみに「+」の数は1~4まで4段階に分かれています)

効果に関するデメリットとメリット

塗る日焼け止めのデメリットは、背中などの塗りづらい箇所や頭皮や目など、紫外線防御しきれない箇所があることや、塗りムラができやすいことです。

そして汗や水に弱く、そもそも3、4時間程度しか効果が持続しないので、外出先でもこまめな塗り直しが必要になります。

近頃はウォータープルーフタイプのものも多く出回っていますが、その分肌への負担は大きく、きちんとクレンジングをしないと肌荒れやかぶれを起こしてしまうので、多用は考え物です。

反対にメリットは、塗る日焼け止めには低刺激タイプのものも多く、赤ちゃんでも安心して使用できること。

特に紫外線散乱剤が配合されている製品はノンケミカル処方なので、敏感肌の方でも肌トラブルのリスクが少なく使用できるでしょう。

それから、例えば海水浴に行く際はSPF値PA値の強いもの、日常使いは弱いものなど用途によって日焼け止めを使い分けられること。

また、クリーム以外にもローションタイプやスプレータイプ、また最近ではシートタイプなど、様々な種類の塗る日焼け止めがあるので、自分の好みに合ったタイプの製品を選ぶことができるのもメリットと言えるでしょう。

飲む日焼け止め

効果

  • 肌や体内の酸化を抑制する
  • 日焼けによる炎症を軽減させる
  • シミ・しわ・たるみなど、肌の光老化を防ぐ
  • 肌細胞のがん化を防ぐ

日焼けに効くメカニズム

飲む日焼け止めは体の内側から紫外線ケアができるもの。

肌そのものをコーティングするわけではないので、一度紫外線を肌に受けることになりますが、その際に肌表面や内部で発生するあらゆる影響を抑えることで、紫外線から身を守るという仕組みになっています。

先ほどお話した、紫外線A・B波についての説明をもう少しお話しますと、紫外線A波を浴びた体内では活性酸素が発生し、肌や体内を酸化させ、肌を黒くしたりシミの原因となるメラニンを増やします。

さらに活性酸素は紫外線B波を浴びても活発化し、肌にハリや弾力をもたらしてくれるコラーゲン、それを束ねるエラスチンの生成やはたらきを邪魔したり、肌細胞を破壊して細胞ががん化する原因を作ったりします。

この活性酸素による様々なトラブルから、身を守ってくれるのが飲む日焼け止めの最大の効果。

飲む日焼け止めには、植物由来の高い抗酸化作用をもつ成分が豊富に含まれているので、活性酸素の発生と活動を鎮め、上記のような悪影響を防いでくれます。

また、サプリメントの中にビタミンなどの美容成分も数多く含まれているので、紫外線を受けた肌を美しく保ってくれる効果もあるのです。

飲む日焼け止めは、配合されている主成分により、

  • 飲用後30分から4、5時間程度効果が持続するもの
  • 飲用後効果が表れるまでに25時間程度かかるが、持続時間は24時間のもの

の2種類に分けられます。

しかし、どちらの種類も毎日継続して飲用することで、体内の紫外線防御力が日に日に高くなっていき、日焼けしにくい体質へ変化させてくれるのです。

効果に関するデメリット・メリット

飲む日焼け止めの効果に関するデメリットは、まず塗る日焼け止めに比べて即効性がないことと、紫外線が肌に当たるのは避けられないことです。

それから副作用はないものの、成分によっては乳幼児や妊娠中・授乳中の方の使用ができない点もデメリットとの一つと言えるでしょう。

ですが、塗る日焼け止めでは対応できない頭皮や髪の毛、目など全身すみずみまで紫外線防御効果が浸透、そしてプールでの使用や大量の汗をかいても効果に全く影響がないこと

さらに紫外線ケアと同時に美肌ケアもできてしまうことが大きなメリットとして挙げられます。

価格の相場や購入方法

価格の相場や購入方法

塗る日焼け止め

塗る日焼け止めの価格相場は、ドラッグストアなどで普通に手に入るもので1つ300円~4,000円、プチプラなものから高価格帯のものまであります。

さらに、各種化粧品ブランドから出ている高級なものだと2000~5000円ほどするものも

製品の大きさにもよりますが、全身に使用した場合、大体1か月に1本~1,5本程度消費するようです。

そして塗る日焼け止めには様々なテクスチャーの製品がありますが、その中でも一番安価なのは種類も豊富で普及率の高い、クリーム・乳液タイプの日焼け止めでしょう。

塗る日焼け止めは、ご存知の通りドラッグストアやスーパー・コンビニなどでも取り扱いがあり、いつでもすぐに入手することが可能です。

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは、数あるサプリメントの中でも高額な方に分類され、有効成分がしっかりと配合されている製品ですと1箱(瓶)4,000円~8,000円。

大体1箱に15~30日分入っており、効果をきちんと発揮させるためには毎日飲み続けるのが一般的です。

飲む日焼け止めはドラッグストアなどでの取り扱いがほとんどないのが現状で、一般的にはインターネットから公式サイトまたは通販サイトを利用しての購入、もしくは一部の皮膚科や美容クリニックでの購入となります。

使用や入手に掛かる手間

使用や入手に掛かる手間

塗る日焼け止め

塗る日焼け止めの効果を持続させるには、顔や首元、手足など肌が露出している部分に塗り込む作業を3、4時間おきにおこなう必要があります。

ですから特に夏場は毎日持ち歩くことになると思うのですが、持ち歩き用のコンパクトサイズの物は、普段使いのサイズの物よりも多少割高になってしまいますし、コンパクトと言っても結構存在感があるのでミニポーチや小ぶりなバッグには入らなかったりします。

また、飲食店の中や大勢の人がいる前で塗り直す行為には抵抗があるため、いちいち化粧室などを探して塗らなくてはいけないのが、面倒に感じるかもしれませんね。

ですが、塗る日焼け止めはコンビニなどでも売っているので、もし持ち歩き忘れてもすぐに調達することができ、入手に関しての手間はないと言って良いでしょう。

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは水かぬるま湯で錠剤もしくはカプセルを飲むだけなので、ほんの数秒で紫外線ケアが完了します。

場所を選ばず、水さえあればどこでも飲めるのも気軽で良いですね。

また外出時に追加で飲む場合でも、サプリメントなので必要な分をピルケースなどに小分けにすれば、清涼ミントタブレットくらいの大きさで持ち歩くことができるので、飲む日焼け止めの使用が手間だと感じる方は少ないでしょう。

ただし、先述したように飲む日焼け止めは、主に通販からしか購入できません。

ネット購入になれている方であれば手間はありませんが、普段買い慣れてない方には手間と感じるかもしれません。

飲む日焼け止めによっては定期で届けてくれるコースをもうけているものもあるため、こういったサプリを利用することで手間なく手に入れることができるでしょう。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの比較表

比較項目 塗る日焼け止め 飲む日焼け止め
効果とメカニズム 肌の外側から紫外線が体内に届くのをバリア 体の内側から紫外線による皮膚の酸化や肌細胞の破壊を抑制
購入方法 ドラッグストアやコンビニなど 主に通販
価格 300~4,000円 4,000~8,000円
かかる手間 ・塗る手間あり
・購入の手間なし
・飲む手間なし
・購入の手間なし
デメリット ・頭皮や目は守れない
・水や汗に弱い
・肌の弱い人は、かぶれることがある
・塗り直す必要がある
・即効性はない
・乳幼児や妊婦は控えたほうが良い成分のものもある
・価格が高め
メリット ・肌に塗って浸透した直後から効果を発揮する
・赤ちゃんでも使用できる
・紫外線が肌に触れない
・TPOに合わせて製品を選べる
安価で手に入りやすい
全身の紫外線ケアが可能
水や汗に効果が影響されない
美肌効果も期待できる
・いつでもどこでも飲用できる
日常使いのしやすさ 使いやすい とても使いやすい

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めをこのように比較してみると、この2つはお互いのデメリットを補い合う存在であることが分かります。

例えば、

  • 塗る日焼け止めでは守れない頭皮や目に入る紫外線を、飲む日焼け止めではカバーできる
  • 飲む日焼け止めは飲んでも効果が表れるのに時間がかかるのに対し、塗る日焼け止めには即効性がある
  • 塗る日焼け止めは、塗り直しの手間がかかるのに対し、飲む日焼け止めはいつでも気軽に飲むことができる

など。

ですから塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、どちらも一緒に使用すれば、紫外線防御は完璧に限りなく近いものとなるでしょう!

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めには、それぞれデメリットやメリットがありますが、日常的に使用するなら、肌への負担が少なく手軽な飲む日焼け止めの方が便利ですよね!

それに飲み続けることで、紫外線に強い体質に変われる上に美肌を目指せるのですから、是非継続して使用したいものです。

紫外線量は春から夏にかけての季節が一番多いものの、1年中私たちの肌に降り注いでいます。

そこで、私たちにできるベストな紫外線ケア方法は、連日日差しの強い春から夏にかけての今の季節は塗る・飲む日焼け止めの両方を使用。

そしてそれ以外の季節は飲む日焼け止めで、日常のケアをおこなう方法です。

1年中塗る日焼け止めを使用し続けるのもなかなか大変だと思うので、このような使い方をすれば、無理なく、そしてより確実に紫外線による悪影響を回避できますよ。

飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」なら初回2,480円、今だけ日焼け止めジェルも無料でついてきます。

気軽に飲む日焼け止めの効果を試すことができ、口コミでも人気1位の飲む日焼け止めなんです。

とても安く徹底した紫外線対策ができちゃうので今のうちに手に入れておきましょう。

>> ホワイトヴェールの詳細はこちら

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、それぞれの特徴や効果をよく理解した上で上手に使用しましょうね!