飲む日焼け止めの効果的な飲み方

サプリメントを飲用する際にいつも迷うのが一体いつ飲めばいいのか?

大抵サプリメントって「1日に〇粒~〇粒を目安に摂取してください」としか書いていません。

もちろん飲む日焼け止めサプリも例外ではなく、結構どの製品も飲み方の表記はアバウトなんですよね。

でも、飲む日焼け止めサプリは決して安い買い物ではないですから、購入したからには確実に効果を実感できる飲み方をしたいところ。

そこで今回は、飲む日焼け止めサプリの効果が得られやすい最適な飲み方について調べてみました。

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

飲む日焼け止めを飲む時期は?

そもそも紫外線対策って、みなさん春になってだんだんと日差しの強さを実感する5月くらいから夏にかけて慌てて始めていませんか?

私も以前はそうでした。

だって冬は晴れていても、日焼けしてしまうことはないと思っていたからです。

ですが実は紫外線には3種類の波長の違うものがあり、それぞれ性質も異なっています。

uv-a、b、c

これを知ってしまうと、冬場は日焼けの心配がないなんてとても言えないんです。

UV-A

3種類の中で一番波長の長い紫外線です。

じわりじわりと肌の真皮まで届き、メラニン色素を肌に沈着させ黒くするサンタンと呼ばれる作用を引き起こします。

また、日焼けによるシミやしわなどの光老化現象に深く関わっていると言われています。

このUV-Aは常時、後にご説明するUV-Bの20倍以上もの量が降り注いでおり、しかも1年中通してあまり紫外線量には波がありません。

なんと2月の真冬時でも、8月の8割もの紫外線量があるんです。

それに、オゾン層はおろか雲や窓ガラスですら簡単に通り抜けてしまう性質を持つので、曇りの日でも晴れた日の室内ですら、1年中対策が必要な紫外線です。

UV-B

UV-Aの次に長い波長の紫外線であるUV-B。

日焼けにより皮膚が赤くなってヒリヒリしたり、火傷のような水膨れを起こすこともあるサンバーンという現象の原因となっています。

波長が短い分紫外線の有毒性はUV-Aよりも強く、100倍~1000倍にもなるようです。

そしてメラニン色素をどんどん作り出しシミやそばかすを増やすだけでなく、皮膚がんの原因にもなっているという怖い紫外線です。

ですがUV-Bは、だいたい5月ごろから8月にかけてピークを迎え、秋には半分量、冬には1/5量に減ります。

影響を与える威力は強いですが、オゾン層や雲などを突き抜ける力はあまりないため、直射日光に当たらなければ比較的防ぎやすい紫外線でしょう。

UV-C

一番波長の短い紫外線で、その紫外線の有毒性はUV-Bよりもさらに強力ですが、オゾン層に阻まれ吸収されるので、今現在は地上に届くことはなく人体に直接影響を与えることはありません

それに、一時は大きな環境問題に発展していたオゾン層の破壊問題も、現在回復傾向にあるようです。

しかし、もしも再び破壊が進めばこのUV-Cが地上に降り注ぎ、人体はおろか全生物に多大な影響を与えてしまう恐れがあるため、専門家たちの間では常に危惧されています。

ポイント

以上のことから、日焼けによる紫外線対策として、人体に影響を与えるUV-A、UV-Bの両方から身を守ることが必要であることが分かります。

ですから飲む日焼け止めサプリを飲用するべき時期は、春から秋にかけてはもちろんのこと、UV-Aの威力が落ちない冬場も合わせて、できれば一年中摂り続けることが理想的です。

1日のうちいつ飲むのがいいのか?

1日のうちいつ飲むのがいいのか?

飲む日焼け止めサプリは、できる限り1年中飲用した方が良いことが分かりました。

では次に、1日のうちのどの時間に飲むのが良いのでしょうか?

まずは、お手持ちの飲む日焼け止めの主成分を確認してみてくださいね。

その主成分によって、飲むのに最適な時間が変わってくるのです。

ここでは、飲む日焼け止めの代表成分であるニュートロックスサンとフェーンブロック(PLエキス)、2種類の飲むオススメ時間をお知らせします。

ニュートロックスサンの飲む日焼け止めサプリ

ニュートロックスサン

まず、ニュートロックスサンが体内で効く仕組みは、以下の様になります。

  1. ニュートロックスサンの水溶性の成分が体内を巡り浸透すると、紫外線を浴びることで増える活性酵素が起こす脂質・たんぱく質・DNAに与える悪影響を防ぐ。
  2. 次に脂分に溶ける成分が体内に浸透していき、体内の酸化を止め、肌の細胞膜を劣化から守る。
  3. また、紫外線による炎症や肌のキメや繊維が破壊されてしまうのを防ぐ効果がある。

そして、1の作用が出始めるまでに、サプリを飲んだ後30分~1時間かかると言われており、大抵は1日の内、外出する1時間ほど前を目安に飲めば良いとされています。

しかし、ニュートロックスサンの日焼け止め効果が1~3まで全て発揮されるには、飲用後25時間かかると言われているんです。

そして、1回飲用後の効果の持続時間が24時間とされていることから、効果を最大限引き出したければ、最低でも外出する前日から2日以上続けて飲む必要があります

それから、日差しの強い場所に長時間いる場合は、午後にもう1粒追加して飲むとさらに高い効果を期待できるでしょう。

そして、おススメの飲用時間は、消化器官の働きが活発化する朝食後が良いそうですよ!

フェーンブロック(PLエキス)の飲む日焼け止めサプリ

フェーンブロック

次にフェーンブロックが体内で効く仕組みを見ていきましょう。

  1. 紫外線により発生する活性酵素の抑制
  2. 紫外線による体内の免疫機能の弱まりを緩和
  3. 細胞のDNAが紫外線によって損傷されるのを防御
  4. 紫外線によって傷つく繊維芽細胞を守り、皮膚の状態を正常に保つ

フェーンブロックはニュートロックスサンとは違って即効性があり、飲用後約30分でこれらの作用が同時に一気にはたらきます

ですから単純に外出する30分前に飲めばOKです。

ただし、持続時間は4~5時間と短めで、1日中外にいる日などは効果が途中で切れてしまいます。

つまり前回の飲用から大体4時間経ったあたりでもう1度飲む必要があるので、日ごろからバッグなどに入れて持ち歩くように心がけましょう。

こちらもできれば食後の飲用がオススメです!

飲む日焼け止めの成分を比較してみよう!原料、特徴、持続時間など

飲む日焼け止めの正しい飲み方は?

正しい飲み方は?

では、いざ飲む日焼け止めサプリを飲用する際、どのようなことに気をつけて飲めば良いのでしょうか?

水かぬるま湯で喉を濡らす

飲む日焼け止めサプリには、錠剤タイプのものもありますが、カプセルタイプのものも数多くあります。

特に海外産のサプリメントのカプセルは1粒がとても大きく、馴染みのない日本人には非常に飲みづらく感じるでしょう。

喉にひっかかるととても辛いので、まずは水かぬるま湯で喉を潤し、カプセルがスムーズに喉を通過できるよう通り道を作ってあげましょう

錠剤タイプとカプセルタイプの飲み方のコツ

サプリメントを飲用する際は、コップ1杯程度のたっぷりの水かぬるま湯と一緒に飲みます。

ちなみに錠剤タイプの場合は喉の奥に流れやすいよう、上を向いて飲むと飲みやすいでしょう。

反対にカプセルタイプの場合は、口内で水に浮いてしまうので下を向いて飲むと、とても飲みやすいです。

お茶やコーヒーはNG

お茶やコーヒーに含まれるカテキンやカフェインなどの成分は、サプリメントの栄養素の吸収を邪魔して効果を半減させてしまう恐れがあります。

ただ余計な成分が入っていないという理由だけで、水での飲用を推奨しているわけではありません。

水を飲むことで胃が刺激され、成分や栄養を素早く小腸へ送り、全身へ行き渡らせます。

ですから、サプリメントの作用をいち早く体に届けるために、に水やぬるま湯で飲用する意味があるのです。

より効果的な飲み方

より効果的な飲み方

これまでお伝えしてきた、飲む日焼け止めサプリの正しい飲み方ですが、もう一点、さらに日焼け止め効果をより確実なものにする方法があるんです。

それが、「塗るタイプの日焼け止めとの併用」です。

なぜなら、飲む日焼け止めサプリの作用は、肌に受けた紫外線ダメージを体内から防ぎ、日焼けによる影響が表れない体質にするというもの。

一方、塗る日焼け止めは肌そのものに紫外線を受けないよう保護するもの。

同じ日焼け止めでも目的が違うんですよね。

ですから2つを併用することで、肌そのものに当たる紫外線量を塗る日焼け止めで軽減し、かつ頭皮や目など塗ることのできない部分には飲む日焼け止めでその効果を補います

そして仮に日焼け止めが塗れていない部分に紫外線を浴びてしまっても、そこから肌ダメージに繋がる要因を、飲む日焼け止めが排除してくれます

要するに、互いの欠点をカバーし合い、より強力に紫外線に対抗することができるのです。

ですから、絶対に日焼けしたくない方は、飲む日焼け止めサプリだけに頼るのではなく、今まで通り塗る日焼け止めも使用した上での飲用をオススメします。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

飲む日焼け止めサプリには、パッケージには詳しく記載されていなくても、様々な飲むコツがあることが分かりました。

これらを意識するだけで、より確実に近い効果が得られるので是非取り入れてみてくださいね。

これから紫外線量が増すこの季節だからこそ、正しい飲用方法で体内から紫外線に打ち勝つ力をつけていきましょう!