フラバンジェノールとは?ほかの飲む日焼け止めとどう違うのか

飲む日焼け止めサプリの主成分と言えば、これまで「ニュートロックスサン」や「フェーンブロック」 が有名でした。

しかし、2017年に新しく「フラバンジェノール」を主成分とした「オールインワン日傘サプリ【リブランコート】」という飲む日焼け止めが発売され、大注目されています。

フラバンジェノールとは一体何なのか?

どんな日焼け止め効果が期待でき、どのように紫外線から肌を守ってくれるのか?

そしてニュートロックスサンやフェーンブロックとの違いは?

今回はフラバンジェノールについて、成分や効果の特徴、またその安全性について、詳しくお話したいと思います。

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

フラバンジェノールとは?

フラバンジェノールとは?

フラバンジェノールは、飲む日焼け止めサプリの最新の成分と言われています。

しかし日本の製薬メーカーの東洋新薬に、「松の樹皮から抽出したエキスには高ポリフェノールが含まれている」との情報が届いたのは2000年のこと。

15年以上前から、フランスの美容家たちの間では有名になっていました。

フランス南西部に自生している松は、フランスの強力な日差しと潮風を大量に浴びており、その樹皮の厚さは日本の松の約2倍もあると言われています。

そんなたくましい生命力を持つ松の樹皮から抽出したエキスの持つ、人の肌に与える高い美容効果を、もっと日本に広めようと東洋新薬が研究を開始。

その結果、独自の抽出技術をもって現在の「フラバンジェノール」という成分が生まれたのです。

効果はビタミンCの600倍!ケア力はコエンザイムQ10の250倍!

では、一体フラバンジェノールには具体的にどんな効果があるのでしょうか?

まず、フラバンジェノールに含まれるポリフェノールはOPC(オリゴメリック・プロアントシアニジン)と呼ばれ、数あるポリフェノールの中でも特に高い抗酸化力を持っています。

その抗酸化力はビタミンCの約600倍もあるのだとか。

また、肌ケア力に関してはコエンザイムQ10の250倍もあると言います

そして、フラバンジェノールを開発した東洋新薬からは、2013年にこのような論文が発表されました。

当社は、これまでにフラバンジェノール®に関して様々な研究を進めており、内服および塗布による老人性色素斑(シミ)への美白作用を臨床試験で確認しています。また、フラバンジェノール®の美白メカニズムとして、チロシナーゼ阻害作用及び、ヒトメラノサイトにおけるメラニン生成のプロセスを多段階的に抑制することを確認しております。

しかし、メラニン生成のプロセスにはメラノサイト内部だけでなく外部要因も深く関わっています。特にその一つであるエンドセリンは過去からの紫外線ダメージの蓄積と共に分泌され、老人性色素斑(シミ)の形成に関与していることが判明しています。
今回当社は、エンドセリンに対するヒトメラノサイトの応答に着目し、フラバンジェノール®が紫外線暴露したヒトメラノサイトでのエンドセリン受容体に及ぼす影響を検証しました。

引用:http://www.toyoshinyaku.co.jp/

要約すると・・・

東洋新薬はこれまで、人がフラバンジェノールを塗るor飲むと、元々あるシミが改善される効果。

また、アミノ酸の一種であるLチロシン(チロシナーゼ)によって日焼け直後に生成されるメラニンを抑制する効果があることは分かっていました。

しかし、メラニン生成はチロシナーゼによるものだけではなく、過去に浴びた紫外線ダメージが蓄積されることでメラニン生成の指令を出す、エンドセリンによって発生するパターンもあります。

ですから以下に挙げる検証結果は、フラバンジェノールを摂取したエンドセリン受容体や細胞が、紫外線を浴びた際にどのような反応をするのか、について示したものです。

ヒトメラノサイトにUVB(紫外線)を照射していない時と照射した時の其々において、フラバンジェノール®がエンドセリン受容体(ETBR)へ及ぼす影響を定量的RT-PCR法とウェスタンブロッティング法を用いて評価しました。
その結果、フラバンジェノール®はヒトメラノサイトにおいてUVB(紫外線)照射時に増加するETBRのmRNA発現量を抑制させ、さらにETBRタンパク質も抑制することを確認しました。
このことから、フラバンジェノール®はヒトメラノサイト内においてメラニン生成のプロセスを多段階的に抑制するだけでなく、エンドセリン受容体の発現を抑制することにより、外部からのメラニン生成促進の指令をヒトメラノサイトが受け取れなくすることで、美白作用を発揮することが明らかとなりました。

引用:http://www.toyoshinyaku.co.jp/

こちらも要約すると・・・。

フラバンジェノールを摂取後のメラニン細胞(ヒトメラノサイト)に強い紫外線を当てると、エンドリセリンからの指令どころか、エンドリセリン受容体の発現自体を抑えられることが分かりました。

つまり紫外線ダメージが蓄積されても、ヒトメラノサイトにはたらきかけるものがないので日焼けやシミが発生しにくいというのです。

これから浴びる紫外線を防ぎ、過去に浴びた紫外線によるダメージにも効果を発揮してくれるのが、フラバンジェノールなんですね。

これは、今までの浴びた紫外線に対して効果を発揮するタイプのニュートロックスサンやフェーンブロックとは異なる点であり、また、より優れている点だと言えるでしょう。

安全性や副作用は?妊婦や授乳中でも飲める?

フラバンジェノールの安全性

フラバンジェノールは天然のポリフェノールであるため、現在までに摂取したことで副作用が表れたという報告はありません

しかもこれまで妊娠中・授乳中の方は控える必要の多い、ニュートロックスサンやフェーンブロック配合のサプリメントとは違い、フラバンジェノールは妊娠中・授乳中でも医師に相談の上、安心して飲むことができます

ただし、どんな方にでも100%安全であるとは言い切れません。

万が一、飲用後に体調に何らかの異変を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けて下さいね。

フラバンジェノールの効果的な飲み方

フラバンジェノールは体内に成分が吸収され、全身に行き渡ってから初めて効果を発揮します。

ですから日焼けする直前に飲むだけでは、今すぐ浴びる紫外線への効果は期待できません。それに紫外線は曇りの日も冬の日も年中降り注いでいますよね。

したがって毎朝出かける30分前に飲むなど、日々の習慣にすることで、より高い効果が得られるのです。

フラバンジェノールが配合されている飲む日焼け止めサプリ

さて、このフラバンジェノールが配合されている飲む日焼け止めサプリは、2017年11月に発売され、一時在庫切れになるほど大人気の「オールインワン日傘サプリ【リブランコート】」という商品です。

リブランコート

リブランコートにはフラバンジェノールの他にも、肌を守る、

  • レッドオレンジ抽出物・・・高いUVケア効果を持つ
  • ザクロエラグ酸・・・肌の透明感をサポート
  • 米グルコシルセラミド・・・ダメージを修復し肌の潤いを補う

そして、ビタミンA・C・Eやプラセンタ、ヒアルロン酸など美容効果の高い成分がふんだんに配合されています。

ですからリブランコートは、

  1. 紫外線から肌をバリア
  2. 光老化を止める
  3. シミやそばかすを増やさない
  4. 高い抗酸化力で肌ダメージを排除

この「バリア・止める・増やさない・排除」の4つの効果から、日焼け止めのオールインワンサプリと呼ばれているんです。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

飲む日焼け止めサプリの新しい主成分として誕生したフラバンジェノールは、これまでニュートロックスサンやフェーンブロックなどを超えるほどの高い抗酸化力を持っています。

それに、これまでの生活で大量に浴びてしまい、後悔していた分の日焼けダメージも改善することができるのは、フラバンジェノールの持つ唯一の効果です。

2018年、大注目の成分であることが頷けますね。

今後、さらにフラバンジェノールが配合された飲む日焼け止めサプリが増えていくことが予想されます。

しかし、紫外線ケアは早くおこなえばおこなうほど、ダメージを最小限に抑えることができるもの。

あなたの美肌のために、フラバンジェノール配合の飲む日焼け止めサプリを、毎日の生活に摂り入れましょう!

>> 今だけ!リブランコートが5,000円割引で試せる