飲む日焼け止めドリンクのデメリット・メリット

塗る日焼け止めではカバーしきれない目や頭皮といった場所の紫外線ケアもでき、手軽で便利な飲む日焼け止めと言えば、錠剤やカプセルのサプリメントを想像しますよね。

でも実は飲む日焼け止めには、栄養ドリンクのような瓶に入ったドリンクタイプのものもありますよ。

しかし、サプリメントタイプと比べるとまだまだ種類が少ないこともあり、どんな製品があるのか?値段は?効果はサプリメントと一緒?

など、分からないことばかり・・・。

そこで今回は飲む日焼け止めドリンクに焦点を当て、デメリットやメリットを知った上で、実際に販売されている商品もご紹介していきますね。

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

飲む日焼け止めドリンクのデメリット

デメリット

値段が高い

サプリメントタイプが1日あたり120円~250円くらいなのに対し、飲む日焼け止めドリンクは1日(本)あたり、300円~600円くらいと、かなり価格に差があることが分かります。

特に主成分であるニュートロックスサンは、毎日継続して飲むことで、紫外線カット効果がより高まっていく成分として知られています。

でも仮に1日600円のドリンクを1ヶ月間飲めば、月18,000円ほどの出費になります。
コストの面だけで見ると、よほど余裕がない限り長期間の継続は難しいかもしれませんね。

持ち歩きにかさばる

サプリメントならピルケースなどに入れて1日数錠持ち歩いても、せいぜいキャンディー1つか2つ分くらいの大きさです。

しかし飲む日焼け止めドリンクは、ほとんどが50mlの瓶仕様なので、サプリタイプに比べるとバッグの中でかさばってしまいます。
特に女性がミニバッグで出かける場合、他の持ち物と一緒だと入らないかもしれません。

ポケットに入れて持ち歩くのも、万が一瓶が落ちて割れることを考えると、避けた方が良いでしょうね。

飲み終わった後に瓶ゴミが出る

また、瓶なので出先で飲み終わってもコンパクトにはならず、捨てるまではそのまま荷物となります。

また、家で飲む場合でも瓶ゴミがしばらく部屋に溜まっていき、ゴミ出しの負担になるでしょう。

小さなことかもしれませんが、これが毎日のこととなると次第に面倒に感じるはずです。

飲む日焼け止めドリンクのメリット

メリット

即効性がある

サプリメントは飲んだ後、体内で溶けて成分が浸透し、効果を発揮するまでに数十分程度の時間を要するのが一般的ですね。

ですがドリンクタイプなら、飲んだと同時に成分が体内に行き渡るので、即効性があり効果も表れやすいと言われています。

またうっかり紫外線対策をし忘れ、日焼けしてしまった際のアフターケアとしても効果を発揮しますので、一刻も早くケアしたい場合に即効性があるのは、とても助かります。

錠剤が苦手な人でも飲める

錠剤やカプセルを飲み込むのに毎回苦労し、苦手だという人は多くいます。
特に海外製のサプリメントあるあるなんですが、1カプセルが長くてとても大きいんですよね。

飲む日焼け止めサプリにも海外製のものはたくさんありますし、口コミを見ると必ずと言っていいほど「カプセルが大きくて飲みづらい」といった書き込みが見られます。

ですが、飲む日焼け止めドリンクならジュースのように飲むだけなので、そんな心配はいりません。

飲みたい時にその場で飲める

サプリメントは、たっぷりの水かぬるま湯と一緒に飲むことが推奨されています。
特にカプセルタイプは喉にくっつき引っかかりやすいので、水などと一緒に飲まないと大変危険です。

ですからサプリメントタイプは水を持っている、または飲料水を用意できる環境にないと、飲むことができません。

ですが飲む日焼け止めドリンクなら、飲みたい時にその場ですぐに飲むことができます

美味しくて低カロリー

飲む日焼け止めドリンクにはライチ風味やラ・フランス風味と言ったフルーティーな味のものが多く、飲んだ方の多くが普通に美味しいと、その味と飲みやすさを評価しています。

また、1瓶あたりのカロリーは10kcal前後と低カロリーなのが嬉しいですよね。
中にはその美味しさから、飲む日焼け止めドリンクを毎日のおやつ代わりに摂取している人もいましたよ。

 主な飲む日焼け止めドリンク

それでは、飲む日焼け止めドリンクのデメリットとメリットを把握できたところで、主な飲む日焼け止めドリンクを3つご紹介していきます!

NUTROXSUN®日傘サプリドリンク

NUTROXSUN®日傘サプリドリンク

飲む日焼け止めサプリの主成分の中でも効果が高く、人気の成分ニュートロックスサンを、そのままドリンクに閉じ込めました。

ニュートロックスサンは、スペインで開発されたグレープフルーツとローズマリーの葉から抽出した天然のポリフェノールです。
紫外線を浴びることで体内に大量発生し、肌や健康に様々な害を与える活性酸素のはたらきを抑制することができます。

このニュートロックスサンは紫外線防止効果を最大限引き出すため、1日の推奨摂取量(250mg)が定められていますが、NUTROXSUN®日傘サプリドリンクは1瓶でその全量を摂取することができるんです。

価格は1本あたり450円。
でもこれだけニュートロックスサンが高配合されていて、この価格はかなりお得だと思います。

ただ、販売が中止されているのか、どこで発売されているかはわかりませんでした。

ハニースノー

ハニースノー

はちみつコスメブランドHACCIから販売されている飲む日焼け止めドリンク。
紫外線ケア成分は「クリスタルスノーコンプレックス」という、4つの成分をHACCI独自にブレンドした成分です。

  • 高い抗酸化作用を持つ、松の樹皮エキス「ピクノジェノール」
  • 目への紫外線カットをしてくれるルテインが含まれる「マリーゴールド色素」
  • メラニンを抑制し、セラミドの合成のサポートもおこなう「パイナップル果実エキス」
  • 紫外線によって破壊された肌細胞を修復する、アマゾン奥地に生息する植物「キャッツクロー抽出物」

主に、この4つの成分が紫外線ダメージを抑制・修復してくれます。

価格は1本あたり600円と少々お高めですが、他にもアミノ酸やビタミン類、またHACCIの自社養蜂場で摂ったはちみつもブレンドされていて、非常に美容効果も高い飲む日焼け止めドリンクとなっています。

>> ハニースノーの詳細

ピュアホワイト

ピュアホワイト

ピュアホワイトは何を隠そう、あの資生堂から発売されている飲む日焼け止めドリンクなんです。

資生堂独自の研究の結果、東洋で昔から美容に良いとして親しまれてきた、クコの実から抽出したエキスには、紫外線ダメージから肌を守ってくれる効果もあることを発見しました。

さらに、太陽の日差しにも負けない肌を作るアブラ椰子オイルや、皮膚の原料となるアミノ酸も豊富なハトムギエキスなど、140年の歴史を持つ資生堂ならではの厳選された成分ばかりが配合されています。

価格は1本あたり270円なので、飲む日焼け止めドリンクの中ではかなり低価格な製品となっています。

これならあまり負担なく、継続摂取できそうですね。

>> ピュアホワイトの詳細

まとめ

まとめ

いかがでしたでしたか?

飲む日焼け止めドリンクには、飲みやすく即効性もあるという大きなメリットがあるものの、その分製造に手間やコストかかるのでしょうね。
仕方がないと思いつつも、やはり価格の面で毎日の飲用は躊躇してしまうかもしれません。

しかしサプリメントを飲むのは苦手だけれど、体の内側から全身を守りたい方や、コストがかかっても良いからとにかくラクに紫外線対策をしたい方にとっては、願ったり叶ったりなドリンクなのではないでしょうか。

また毎日の摂取は無理でも、1日中外出した日など紫外線に耐えた自分の肌へのご褒美として飲んでみたり、予定外で強い日差しを浴びてしまった時の、お助けドリンクとして飲んでみるのも良いと思いますよ。