絶対日本製!国産の飲む日焼け止めをオススメする3つの理由

体の内側から紫外線対策ができる飲む日焼け止めサプリ。

実は飲む日焼け止めには、海外製のもと日本製のものがあるのを知っていますか?

海外製と日本製には違いがあり、当サイトでは継続して飲み続けるなら日本製を強くオススメしています。

というのも、海外製の飲む日焼け止めを飲み続けると無視できないデメリットがあるからなんです。

日本製の飲む日焼け止めをオススメする理由を3つにまとめてみましたので、ぜひチェックしてくださいね。

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

国産の飲む日焼け止めをオススメする3つの理由

1. 副作用の心配がなく安全

1. 副作用の心配がなく安全

一般的に飲む日焼け止めといわれているものは、薬ではなくサプリメントです。

なので、基本的には副作用はなく、海外製で有名なヘリオケアも今のところ副作用は報告されていません。

でも、だからといって安心するのはちょっと早いんです。

というのも、ヘリオケアをはじめとした海外製の飲む日焼け止めサプリは欧米人向けに作られているものです。

成分についても海外基準で作られているため、飲む日焼け止めによっては日本では使用が許可されていない成分を使っていたり、許可されていても許容量をこえて使用されている可能性もゼロではありません。

また、海外製のサプリメントの主成分にもちょっと気になる点が。

海外製のものは「ポリポディウム・ロイコトモス(PLエキス)」という“シダ植物”からとれる成分を主成分としているものが多いのですが、シダ植物にはアレルギー性があるんです。

人によっては、飲み続けることで発疹や花粉症といったアレルギー症状がでることもあります。

ヘリオケアの「フェーンブロック」もこれにあたるため、病院で処方になるんですね。

こうなると長期間飲み続けるのは不安が残ります。

子どもに飲ませる場合も心配ですよね。

では、日本製の飲む日焼け止めはどうなのかというと、主成分はシトラスとローズマリーの葉のエキスを配合して作られた「ニュートロックスサン」という成分になります。

ニュートロックスサンは、紫外線をあびることで発生する活性酸素によるダメージを軽減して、肌の炎症を防いでくれる効果があります。

ダメージをうけた細胞の回復も早めてくれるので、シミやシワの予防にもなります。

アレルギー性もないので、飲み続けてもアレルギーを起こす心配はありません。

国産のサプリメントなので、日本人向けに作られていて、その他の成分も安心です。

しかも、日本製のサプリなら工場の管理も徹底しています。

特に厳格な基準のあるGMP認定工場で製造されている国産サプリメントや、モンドセレクションの金賞を受賞しているサプリならより安心です。

これなら、紫外線が強くなる初夏から秋にかけてはもちろん、乾燥して紫外線ダメージを受けやすい春や冬も、1年中飲み続けても良いですよね。

子どもにも安心して飲ませられます。

ポイント

日本製の飲む日焼け止めは子どもでも飲めますが、4歳以下のお子さまはサプリメントをノドに詰まらせる可能性があるため控えた方が良いでしょう。

また、妊娠・授乳中の方もローズマリーが子宮を刺激する可能性があるため、控えたほうが良いです。

ちなみに、日焼け止めの効果で特許を取得しているのは「フェーンブロック」と「ニュートロックスサン」だけなんだどか。

日焼け止め対策として飲むなら、どちらかが主成分のものを選ぶのがオススメです。

2.持続時間が長く、飲みやすい

2.持続時間が長く、飲みやすい

海外製と日本製の飲む日焼け止めサプリには、持続時間にも違いがあります。

例えば海外製の飲む日焼け止めで有名なヘリオケアは、1カプセルで4~5時間しか持ちません。

なので、1日中外出するなら朝と昼すぎに1カプセルずつ、1日2カプセル飲む必要があります。

また、効果を発揮するのは飲んで30分後からのため、外出30分前に飲む必要があります。

ちょっと面倒なんです。

対して日本製の飲む日焼け止めサプリは、24時間効果が持続します。

即効性はないものの、1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月と飲み続けることで紫外線をブロックする効果がだんだんと強くなっていきます。

飲む時間にとらわれず、もし飲み忘れてしまっても帰宅後に飲めば紫外線ケアができます

しかもニュートロックスサンを摂取し続けた時の紫外線から細胞を守る効果は、フェーンブロックに比べて2倍以上強いと立証されています。

日本製のサプリメントは海外製に比べ小さく、飲みやすいというメリットもあります。

ポイント

ニュートロックスサンの効果をしっかりと実感するためには、1日あたりの摂取推薦量250mgをとる必要があります。

1日でニュートロックスサンを250mg摂取できる、国産の飲む日焼け止めを選ぶようにしましょう。

3.手軽に購入できて、続けやすい

3.手軽に購入できて、続けやすい

海外製と日本製では、買いやすさの面でも違いがあります。

ヘリオケアなど海外製の飲む日焼け止めサプリを買う場合、基本的には皮膚科などの病院で処方してもらうか、自分で個人輸入する方法になります。

正直、いちいち病院にいって処方してもらうのは時間が取られるし、診療代や処方料など余計に費用がかかってしまうのが気になるところです。

自分で個人輸入する場合は、「ちゃんと商品が届くの?」といった不安や、「届いた商品は本物?」という不安があります。

また、個人輸入する場合トラブルがあった時に対応してもらえないのも困りますよね。

対して、日本製の飲む日焼け止めサプリなら通販で手軽に買うことができます

初回はお試し価格で買えたり、全額返金保証のある国産の飲む日焼け止めサプリも珍しくありません。

定期でお得に買うこともでき、特典がついている飲む日焼け止めサプリもあります。

例えば日差しの強い夏の間だけ飲む日焼け止めを飲むとしても、2~3ヵ月でも継続するなら定期コースがある日本製の飲む日焼け止めサプリのほうが安くなります。

日本製の飲む日焼け止めサプリのほうが、試しやすく続けやすいんです。

オススメの【国産】飲む日焼け止めサプリは?

ここまで「日本製の飲む日焼け止めが良い!」って話をしましたが、「じゃぁ日本製の飲む日焼け止めならどれがオススメなの?」って質問が結構きます。

そこで紹介しちゃいますが、国産の飲む日焼け止めでもっともオススメなのはインナーパラソル16200です!

というのも、インナーパラソル16200はとてもコスパが良いんです!

  • 1日1回飲むだけでOK
  • ニュートロックスサンの摂取推薦量250mgを1日2粒でしっかり摂取できる
  • パインセラやコプリーノ、ビタミンC、ビタミンPといった美肌成分も配合
  • 2017年モンドセレクション金賞受賞
  • 国内のGMP認定工場で生産、放射能検査済で安心
  • 初回は990円で試せる
  • 定期コースなら毎回20%~30%割引になる
  • 送料無料

これひとつで紫外線をあびてしまう前の対策も、あびてしまった後の肌ケアも一石二鳥でできちゃいますよ♪

インナーパラソル 16200

まとめ

まとめ

「今日だけ絶対焼けたくない!」っていう要所使いなら、海外製の飲む日焼け止めサプリもアリだと思います。

でも継続して日焼け対策をしていくなら、安全で価格も安い日本製の飲む日焼け止めサプリがオススメです。

紫外線は夏だけでなく365日降り注いでいます!

なるべく肌の老化を防ぎたいなら、乾燥で紫外線のダメージを受けやすい冬も、1年を通して体の内側から飲む日焼け止めでケアしてあげるとキレイな肌がたもてますよ♪