飲む日焼け止めで焼けないために注意すべきこと

年々認知度が高まり、飲む日焼け止めサプリの愛飲者は増えている一方で、

「飲んでも効果がない。」

「日焼けしてしまった。」

という声も実際に聞こえてきます。

もちろん効果には個人差があるので、体質的に効きにくいといったことも少なからずあるでしょう。

しかし飲む日焼け止めサプリには、効果を引き出す飲み方や、日焼け止め効果をUPさせる方法があります

それらを正しくおこなっていないがために、効果がないと諦めている可能性も高いんです。

そこで今回は、「飲む日焼け止めで焼けないために注意すべきこと」と題して、飲む日焼け止めサプリの効果的な使い方をお話します。

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

飲む日焼け止めが効く仕組みと飲み方は成分によって異なる!

飲む日焼け止めが効く仕組みと飲み方は成分によって異なる!

飲む日焼け止めサプリは、塗る日焼け止めクリームとは紫外線ケアのアプローチが全く違います。

塗る日焼け止めは、肌に直接日焼け止め成分を塗ることで、太陽から注がれる紫外線をシャットアウトでき、肌を刺激やダメージから守っています。

つまり体の外側からのケアということですね。

一方飲む日焼け止めは、日焼け止め成分や美容成分をたっぷり含んだサプリを体内に摂り込み、成分を体中すみずみまで浸透させることで、全身の肌を紫外線ダメージから守ってくれます。 

つまり体の内側からのケアになります。

このように飲む日焼け止めサプリは、体内から紫外線による悪影響を予防し、受けてしまったダメージを軽減してくれるというわけです。

そして肝心の紫外線ケアをおこなう主成分は、主に以下の2種類に分けられ、それぞれ効果の表れ方や効果的な飲み方が異なっているんですよ。

ニュートロックスサンの仕組みと焼けない正しい飲み方

国産に多いニュートロックスサン

国産の飲む日焼け止めサプリに多いのがこの成分。 

地中海沿岸に生息しているのローズマリーの葉とシトラスの果汁から抽出された天然ポリフェノール(抗酸化成分)です。

ニュートロックスサンの仕組み

1.  活性酸素のはたらきをおさえる

水に溶ける成分が体内に行き渡り、紫外線の刺激によって増殖を始めた活性酸素のはたらきを抑えます

活性酸素は、肌表面の脂質・皮膚を生成するたんぱく質・肌細胞のDNAを酸化させて肌に大きなダメージを与え、乾燥やシミ・しわ・たるみ・くすみなど、あらゆる症状を引き起こします。

ですから、まずはこの活性酸素と直接戦うのです。

2. 皮脂の過酸化脂質化を阻止

脂に溶ける成分が体内に行き渡り、すでに紫外線によって負った肌ダメージ、具体的には活性酸素によって肌の細胞膜が破壊され、皮脂が有害な過酸化脂質となってしまうのを阻止します。

この過酸化脂質が増えると、肌の色素沈着が進んで濃いしみができ、肌の弾力繊維も壊れてハリが失われ、肌が老化の一途を辿るのです。

3. 肌の炎症をおさえ肌繊維をまもる

ニュートロックスサンの抗炎症作用もはたらき、日焼けによって生じた肌のひりつきや赤みを抑え、炎症が進むと劣化する肌の繊維も守ってくれます

正しい飲み方

このニュートロックスサンは飲用後、25時間経つとじわじわと紫外線ケア効果が表れ始め、その効果は24時間続きます。

ですからニュートロックスサンのサプリは、少なくとも紫外線を予防したい日の前日から飲まなければ、当日の日焼け止め効果はほとんどないと言ってもよいでしょう。

PLエキス(フェーンブロック)の仕組みと焼けない正しい飲み方

外国産に多いPLエキス(フェーンブロック)

外国産の飲む日焼け止めサプリに多いのがこの成分。

ネイティブアメリカンの間で皮膚病などの治療に用いられた「ポリポディウム・ロイコトモス」というシダ植物から抽出した、こちらも抗酸化作用の高いエキスです。

PLエキスの仕組み

1. 活性酸素のはたらきをおさえる

まずニュートロックスサンと同じく、抗酸化作用によって活性酵素の抑制、肌の光老化症状を防ぎます

2. 肌細胞のバリア機能をまもり正常化

ここからがニュートロックスサンとの違いになりますが、PLエキスは肌表面に存在する肌のバリア機能をつかさどるランゲルハンス細胞を守り、正常にはたらかせます

このランゲルハンス細胞は自己防衛機能に長け、紫外線の刺激やそれに伴う炎症を鎮静化してくれるのですが、加齢や紫外線を浴び続けると細胞破壊が進み、自己防衛ができなくなってしまうのです。

また、PLエキスは、紫外線の中でもとりわけ刺激の強いUV-B に対して高い効果を発揮し、肌細胞が突然変異を起こしてがん化するのを防いでくれます。

正しい飲み方

PLエキスは 飲用後30分ほどで効果が高まり、3~4時間ほど紫外線防御効果が持続する短期集中タイプの飲む日焼け止めサプリです。

ですから、効果を引き出すには外出前30分あたりで飲むこと、そして3時間経ってまだ日焼けしの心配がある時は、1錠追加して飲むのが正しい飲み方です。

焼けないためには継続して飲用することが大切

>焼けないためには継続して飲用することが大切

飲む日焼け止めサプリは、塗るタイプのように物理的に紫外線を防止するわけではないので、上記のことからも分かるように、飲んですぐに効果を発揮するわけではありません。

特にニュートロックスサンは飲用後、25時間経ってから紫外線ケア効果が表れ始め、その効果は24時間続くとお話しました。

でもニュートロックスサンの本来の効果はそれだけではなく、そのまま毎日飲み続ければ、紫外線から肌を保護する力が85日目で当初の56%も増加するという実験結果が出ています。

つまり、紫外線防御は1日にしてならず。

コツコツと継続して飲むといった毎日の積み重ねで、日焼けをしない、紫外線の悪影響を受けにくい体質作りができるのです。

これを知らないと、ニュートロックスサンの飲む日焼け止めサプリを、いくら外出当日だけ飲んでいても、日焼け止めとしての効果を全く感じることができないでしょう。

また、短期集中型のPLエキスの飲む日焼け止めサプリも、毎日継続して飲み続ければ、日に焼けない肌をキープし続けることができると言われています。

日焼け止め効果をUPする方法

日焼け止め効果をUPする方法

飲む日焼け止めは以上のような理由から継続することで、最大限の効果を引き出せることが分かりました。

ですが、それでも紫外線による影響を100%を防ぎきることはできません。
なぜなら、いくら体内で紫外線によるダメージと戦っても、肌に直接当たる紫外線を阻止することは不可能だからです。

そこで、2つ目に気をつけていただきたいこと。

それは紫外線ケアの原点に戻って、飲む日焼け止めサプリの飲用と同時に、塗る日焼け止め、または日傘や帽子などの日よけアイテムを使用してください。

それじゃあ飲む日焼け止めを飲む意味がないのではないか、とお思いになるかもしれませんが、そうではありません。

なぜなら、塗る日焼け止めではカバーできない頭皮や目などを含めた全身をくまなく紫外線ダメージから防ぐこと、そしてすでに受けてしまったダメージを軽減させることは、飲む日焼け止めサプリにしかできないからです。

つまりゲームに例えるなら、毎日飲む日焼け止めを飲むことで経験値を上げ、自身の防御力と回復力をUPさせているということ。

そして、塗る日焼け止めは盾、帽子は兜・・・というように、その他のアイテムを使用して防御力をどんどん強化していくというわけです。

このように考えれば、飲む日焼け止めサプリとその他の紫外線ケアアイテムの相乗効果で、大ボスの真夏の紫外線に打ち勝つ可能性が高まることがお分かりいただけるでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

飲む日焼け止めサプリの効果を十分に引き出すためには、ただ気分に任せて適当に飲んでいるだけではいけません。

  • 毎日継続して飲み続ける
  • 塗る日焼け止めや他の紫外線防止アイテムと併用する

この2点を注意して守るだけで日に焼けない度100%に、限りなく近づくことができますよ。

是非、明日から実践していきましょう!