飲む日焼け止めサプリは何歳から使える?

昔は、太陽の日差しをたっぷり浴びて日焼けをすることが、子供の健康に良いと推奨されていました。

しかし現在では環境の変化から降り注ぐ紫外線量が増え、子供時代いかに紫外線対策をおこない、肌を守るかによって、将来のがんへの影響を左右するとも言われています。

ですからお母さんは外出時、我が子の紫外線対策に必死なんです。

日焼け止めクリームを全身に塗りたくても、じっとせず走り回る子もいるでしょう。

また、顔に塗るのを嫌がる子も多いです。

しかも子供は大人よりも汗を良くかくので、塗る日焼け止めだとすぐに流れ落ちてしまいますし、かといってウォータープルーフタイプのような刺激の強いものだと、まだデリケートで弱い子供の肌の負担になってしまいますよね。

そこで、最初は女性の美容アイテムとして人気だった飲む日焼け止めサプリ。

これを我が子に飲ませるお母さんが増えています。

朝忙しい外出前にサプリを飲ませるだけで、子供の肌を紫外線から守れるとあればこんなラクなことはありませんよね。

でも子供が飲用するとなれば、やはり一番気になるのが安全面。

大人が飲むサプリメントを子供に与えても問題ないのでしょうか?

また、飲む際に気をつけなければならないことは?

今回は、そんなお母さんの疑問に答えていきますよ!

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

人気No.1の飲む日焼け決定!詳しくはこちら

飲む日焼け止めサプリは何歳から飲用可能?

多くの飲む日焼け止めサプリの推奨年齢は、4歳以上とされています。

特に国産の飲む日焼け止めサプリの主成分として良く使用される「ニュートロックスサン」の原料は、シトラス果実とローズマリーの葉から抽出された植物由来の天然ポリフェノールです。

普段私たちが食品として摂取しているものですから、子供が口にしても害はありません。

医薬品ではなくサプリメントなので副作用の事例もなく、また主成分以外の配合成分もビタミンなどの体に良い成分ばかりなので、子供でも安心して飲用することができますよ。

3歳以下の飲用がNGな理由

3歳以下の飲用がNGな理由

ではなぜ、飲用できる推奨年齢を4歳以上と定めているのでしょうか?

その理由は、主に以下の2つです。

  • 「サプリメントからの栄養を摂取できるまで、十分に体が発達している」とされるのが4歳以上
  • 錠剤やカプセルを安全に飲み込めるようになる年齢が4歳以上

医師の見解によると、いくら成分自体に害はなくても、3歳以下の子どもの体は1粒にぎゅっと栄養が凝縮されたサプリメントを、体内に上手に吸収できるほど体が発達していません。

また、そもそも3歳以下の子供が医師から処方される経口薬は、まだシロップや粉薬がほとんどですよね。

錠剤やカプセルは一般的に4、5歳頃から飲めるようになると言われています。

そのため、明確な決まりにはなっていませんが、飲む日焼け止めサプリ飲用の推奨年齢は4歳以上となっているのです。

子供の飲用の際に気をつけるべきこと

子供の飲用の際に気をつけるべきこと

飲む日焼け止めサプリがいくら子供にも安心・安全と言っても、飲用の際には、お母さんが注意しなくてはならないことがあります。

アレルギーの恐れ

いくら副作用はなくても、飲む日焼け止めサプリの配合成分が植物から作られたものである以上、アレルギー発症の可能性は否定できません。

特に、外国産の飲む日焼け止めサプリの主成分としてよく使用される「フェーンブロック(PLエキス)」の原料は、植物の中でもアレルギー性の高いシダ植物を原料としています。

厚生労働省の調査でも、0~14歳の子供たちのおよそ40%がなんらかのアレルギーを持っていると言われるこの時代です。

少しでもアレルギーのリスクを減らすためにも、飲む日焼け止めサプリを子供に飲ませる場合は国産のもの。

そして比較的アレルギー性の低いニュートロックスサンを主成分としたサプリを選びましょう。

誤嚥や過剰摂取

誤嚥や過剰摂取についても十分な注意が必要です。

子供はピーナッツ1粒でも窒息してしまうほど気道が狭く、誤嚥による事故も毎年後を絶ちません。

またサプリメントの過剰摂取についても、一度に体内に入った大量の栄養分を体が受け止めきれず、吐き気やめまいなどの症状を引き起こします。

ですからサプリメントは必ず子供の手の届かない場所に置いておき、飲用の際も絶対に保護者の見ている前で飲ませるようにしてくださいね。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

注意しなくてはならないことはあるものの、それはどのサプリメントにも言えること。

飲む日焼け止めサプリは4歳以上の小さな子供から飲めるほど、安全なサプリメントです。

ただしその種類は実に豊富なので、どの製品を選べば良いのか迷ってしまうかもしれませんね。

もし1つアドバイスをするなら、国産の製品はやはり日本人の体質を考えて作られていますよ。

安全性の高い飲む日焼け止めとしてはインナーパラソル16200が、臨床試験済み、モンドセレクション金賞受賞、GMP認定工場で製造されており、医学誌にも掲載されるほどで信頼できます。

先ほどお話したアレルギー面のこともありますし、子供に飲ませるものなのですから、まずはより安全な国産のものを選択してみましょう。